2015

2015 天皇賞・春 #1

投稿日:


2015 天皇賞・春

相変わらず、負け戦の回顧が追いついていないが、もう先に天皇賞の予想します。

好調教は昨日ツイッター(@ryo49_)で呟いたとおり。ちょっと掘り下げてみる。

まず、CW組での好調教
04ラストインパクト
11フーラブライド
15サウンズオブアース

三頭はいずれもCWで上がり11.7の好調教サインを出している。5F/6Fのベスト更新はなし。
珍しくラップタイムまで出してみた。
04ラストインパクト 16.4-15.5-14.5-26.4
11フーラブライド 16.2-14.3-13.4-24.9
15サウンズオブアース 17.9-14.4-15.2-26.5

ラスパクは馬場が重かったとされる29日に外「8」での位置どりでのラップ。
フーラは29日より比較的タイムが出ている22日、酒井Jを乗せて外「8」でのラップ。
サウンズは29日内「5」で内田Jを乗せてのラップ。
ラップは緩まず加速しているほうが好印象であるが、それを加味すると11フーラのほうが04より上。
ただし馬場差を考えると29日に助手騎乗で上記ラップを叩き出している04ラスパクのほうがいい感じがする。
そんなわけでツイッタ上では、04>11>15との呟きとなった。

これに次ぐCW組の次点は、16ウインバリアシオンと12デニムアンドルビー。
16ウインは22日福永J騎乗でしまいが12.0。最終追い切りはいつものCWではなく坂路で。54.1-13.1と馬場が重いとはいえ平凡(強めの追い)。
ということで次点評価とした。
12デニムは相変わらずしまいが切れて、安定の11.9(22、26日)29日はやはり馬場が重かったのだろう、12.1まで。
前走阪神大賞典の調教でも11秒台は出ていて、(というかいつも出ている)毎度11秒台を出しながらなかなか馬券にハマらないので鉄板のゴールドシップからの相手として外してしまったんだよな。
3200mの京都についても未知数。ただ、調教は相変わらずハイレベルで安定している感じです。

次に、栗東坂路組。
08スズカデヴィアス
17アドマイヤデウス
01ゴールドシップ
次点
02カレンミロティック
13キズナ
05タマモベストプレイ
10ラブリーデイ

次点多すぎ(笑)。
でもね、天皇賞なんだから、中途半端な仕上げで来ている馬はあまりいませんよ。次走の宝塚が本命の01ゴールドシップ以外。

08スズカデヴィアスは、22日にほぼベストに近い51.4-12.5、30日にも52.7-12.6と好調子をキープ。絶対的なタイムでいくと、同じ22日に51.1-12.7の17アドマイヤデウスに遅れをとりますが、あくまで自身持ちベストタイムとの差で見ると08のほうに軍配をあげました。
3番手評価の01ゴールドシップは甘めの評価です。29日に53.3-12.8もちろんこの馬のベストには3秒近く差があります。
馬場差を考慮しても、そんなに抜群のタイムではない。3番手に挙げたのは、私の主観(ゴールドシップ好き)によります。
4番手の02カレンですが、重い29日の馬場で52.9-13.1。こちらも自身のベストには届いていませんが、同日馬場でゴルシやキズナよりタイムがいいので次点の評価としました。
13キズナは29日53.5-13.0、22日にはCWで66.3-12.1外目の[7]。横の比較で飛びぬけてタイム差はないので5番手評価です。
ただ、格としては一番上であることは間違いありません。故障前とはいえ凱旋門賞4着ですからね。昨年の春天4着と裏切られた記憶が根深いので、低めの評価ですがフェノーメノ、トーホウジャッカルが出走しないこの天皇賞ではウインバリアシオンと争うレース適合でしょう。(ホッコーブレーヴもいるわ)

10ラブリーデイは、いつも牝馬と間違えるんだけど牡馬なのねこの馬。
この馬は末の伸びが54.6-12.1、54.9-12.2と23日、29日に馬なりで記録されており、ドスロー瞬発力勝負になったときに切れ勝ちできるかな、という評価。
京都はキズナとハープスターを破り去った京都記念が1戦1勝。鞍上怖いルメール。怖い要素は揃っている。
全く印は打たれていないがさてどうか。母父ダンスインザダークだぞ。

次。美浦南W組から1頭。
14フェイムゲーム。5Fベストに0.3秒足りないが、4F,3F,1Fすべてベストを更新。しまい1Fは12.9。(22日)。29日は12.8を記録。

あと関東馬で気になる06ホッコーブレーヴと09クリールカイザーにもコメントしておくと、06ホッコーは毎回P(ポリトラック)コース追い切り。
P追い切りの馬は基本的にあまり信用しない立場なのだが、あえて昨年3着したときの追い切りタイムと比較すると
昨年:65.6-37.6-12.3
今年:66.1-37.6-12.1
である。これを調子いいと見るか、落ちてきていると見るかは、正直わからない。Pコースは速い時計が出るのだが、あまり数を見ていないのでわかりかねるというのが正直な感想。勉強不足である。
09クリールカイザーは22日に66.7-13.8、29日に68.1-13.3とタイム的には平平凡凡。この馬のベストからも2秒近く遅い。
ということで調教評価は無印としました。そのほか買えるファクターがあるかどうかは、追って検証してみますが。
ちょっと長くなったのでいったん切りますね。#2へつづく。

-2015

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

no image

2015 宝塚記念

さて、今年上半期G1レース不的中というブログ書き始めて以来初めての事態。 安田記念は予想アップするのも忘れる始末。 今年の宝塚記念はゴールドシップの三連覇がかかります。観るレースに。 ◎15ゴールドシ …

no image

2015 富士ステークス

今年もやってきました富士ステークス。 『2014 富士ステークス』 ⇒ http://amba.to/1wnYKsC 『2014 富士ステークス 回顧』 ⇒ http://amba …

no image

2015 スプリンターズステークス

2015 スプリンターズステークス ついに秋冬G1シーズン開幕。 上半期G1シーズンはまさかの0勝ということになったが、下半期は全勝と行きたい。気持ちだけは。。 まずは、ツイッターでつぶやいた好調教か …

no image

2015 有馬記念 #3

さて、すべての馬券を購入しきったので載せとく。 予想はもう語りつくしたので、印は2通り記載しておく。 邪道っぽいけど、ペースがどっちに転ぶかなんて読みきれんし。 ハイorミドル ◎15ゴールドシップ …

no image

2015 天皇賞秋 #2

買い目