ブログ

後藤ジョッキーの死を悼む

投稿日:


後藤ジョッキーの死を悼む
何の因果か、競馬の予想ブログを書かせていただいているので、気持ちの整理もようやくついてきたこともあり、書かせていただきます。
2月27日金曜日の昼過ぎ、なんとか難しいお客さんとの打ち合わせを無難に終え、会社の連中と飯を食って帰社する途中に、スマホがぶるぶる震えて。
なんだろうな、って見てみると産経新聞のニュース速報だった。
「G1レース5勝の人気ジョッキーが死亡」
全く、意味が分からず急いでサイトを見てみたら後藤ジョッキーの自死を伝えるニュースだった。
先週の土曜ダイヤモンドSで落馬したのに、翌日京都で2連勝するなど、力強さを見せていたあの後藤Jが・・・
なぜ・・・
年齢は奇遇にも俺と同じ40。綺麗な奥さんと可愛い娘さんがいるという。
だけども、よくよく考えてみれば2度の大きな落馬事故から執念の復帰を果たし、これからという時にダイヤモンドSでの落馬。
土曜から、日曜の間は考える暇もなく気力で闘い抜けたが、今週の騎乗予定馬を見たら、土曜に7鞍。
日曜にも6鞍ほどあったんではなかろうか。
また、落ちたらと考えると、、、土日合計10数鞍、また闘いに赴かねばならない。
落ちればものすごく痛いだろうし、なによりも落ちるかも知れないという恐怖に、毎回毎回挑んでいかなければならない。
落ちたら痛いだけではない、またリハビリを、辛いリハビリをしなければいけない。もしかしたら落ちて今度こそ死ぬかもしれない。
そんな恐怖と、一人で彼は戦っていたのだろう。
土曜に落ちた時の頸椎捻挫が殊の外、痛かったのかもしれない。
痛みに耐え、調教師やエージェントや馬主やファン、そして家族の期待に応えないといけない、そんなプレッシャーも大きかったのだろう。
俺も、日曜の夜に会社行きたくない時は確かにあるけど、落ちたりしないし、ファンの期待に応える必要ないし、死ぬかもしれない恐怖に立ち向かうことも、ない。
どれほどまでに辛かったろうか。
彼の彼による人生は、残念ながら閉じてしまったが、俺はそんな彼の選択を咎める権利は持ち合わせていない。
ただただ、もう少し一緒に歳を取って彼の競馬を見てみたかった。
無念で、とても悲しい週末だった。
2月と3月が切り替わるこの時期になると、きっとまた彼のことを思い出すだろう。
どうぞ、安らかに眠って欲しい。お疲れ様でした。

-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

no image

2009 中日新聞杯

阪神JFの前哨戦ということで。 本命◎15トーセンジョーダン 遅れてきた大物ということで。 対抗○10ナカヤマフェスタ 菊花賞は距離が長すぎ? ナカヤマなのに左回り得意で。 ▲7アーネストリー △11 …

no image

平場その他(11/21)

感化されたわけではないですが・・・ 11/21 福島2R 6プリティマリ 単複 11/21 福島11R 福島記念 ◎12ヤマニンメルベイユ ○14サクラオリオン ▲11アルコセニョーラ △09シャドウ …

no image

新型iPad(第3世代)からでも、JRAのレース結果動画(asx)を観る!

1月にポストした、 iPhoneからJRAのレース結果を観るTipsの続編 何故だか、新しいiPadからはEVERNOTE経由でMOSS動画再生がDEKINAI。 Evernoteでasxを開くと何か …

no image

調教

先週から競馬ブックを使った、調教を見る予想を取り入れた。 これまで、坊主が多かった予想も、土日で1~2レースないし2~3レース当たるようになった。 ただ、収支は改善するどころか悪くなるばかり。 要因 …

(リライト版)どのようにしてUMAJOを飲みに誘うか

どのようにしてUMAJOを飲みに誘うか ※この記事はNoteに有料配信したものをブログ向けにリライトしたものです。 JRAの優秀な広告宣伝部門と博報堂が仕掛けた女性競馬ファン獲得施策の一つ、UMAJO …

アーカイブ