2011 回顧

2011 菊花賞 回顧

投稿日:


結果。
1着14オルフェーブル
2着13ウインバリアシオン
3着01トーセンラー
ということで馬券は当たったものの、1-2-3番人気での決着で、回収出来ず。
三冠オルフェーブルは強かったとしか言いようがない。
穴馬たちは太刀打ち出来ず。
さて、
回収出来なかった、なけなしの4,000円を京都の最終レースクラウンプレミアムの三連単1-2-3と1-3-2に2,000円づつ突っ込んで、土日の負けを回収したのは、秘密だ。8倍もついて至福であった。

-2011 回顧

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

no image

2011 秋華賞 回顧

ぐおおおおっっッ! 例によって秋華賞はライブで見れずも、 残ったのこった!ホエールが残った! そしてその前を走るのは01キョウワジャンヌ! さらにその前には04アヴェンチュラ!! そのままゴール! 第 …

no image

2011 阪神ジュベナイルフィリーズ 回顧

いやあ、まるはずれ。 連下三頭来ても全然ダメ。 おまけに最終レースでは、アドマイヤサガス1着付で2頭に流したら、2頭の馬連に3着アドマイヤサガス。 まるで回収出来ず。 先週末は年間最も負けた開催になり …

no image

2011 皐月賞 回顧

いやはや。 狙いすぎ、である。 連軸に指名したオルフェーブルは見事に優勝。しかも3馬身の快勝。 桜花賞から取り入れた能力比較は結構連軸選びにいい感じである。 が、対抗のプレイ。直線半ばまで頑張っていた …

no image

2011 高松宮記念 回顧

いや、本当久々に当たったのでiPhoneから書いちゃう。 1着04キンシャサノキセキ 2着08サンカルロ 3着06アーバニティ いや、関東馬ワンツー、 穴馬に指名したアーバニティがきっちり3着確保など …

no image

2011 天皇賞・春 回顧

いやはや、トゥザを軽視は正解だったが、なんと菊花賞で本命にしたヒルノダムールが優勝。 2着にこれまたビックリエイシンフラッシュ。 ナムラクレセントは残念3着。 二頭軸はどちらもすっ飛んでくれました。 …

アーカイブ