2019 回顧

2019 天皇陛下御即位慶祝 天皇賞 秋 回顧

投稿日:





2019 天皇陛下御即位慶祝 天皇賞 秋 回顧

関東のG1レースで現地観戦をしなかったのは、
逆に、
昨年のジャパンカップ以来ではなかろうか。

奇しくも、アーモンドアイの勝ったレース。
以降、
有馬記念、フェブラリーS、皐月賞、NHKマイル、ヴィクトリアマイル、オークス、日本ダービー、安田記念、スプリンターズS、すべて現地観戦してきた。

競馬との距離を置こうと思って数週間。
確実にその成果は出てきており、10月に馬券に投じたのはわずか1万円弱。
中央競馬現地0回、地方競馬現地0回。
だんだんと、遠くなってきた。
先週の菊花賞は寝ていて、起きて録画で見る始末。

一生懸命になれる対象として、競馬は優れているものの、当たりが遠ければ長続きはしない。

ひとそれぞれの楽しみ方があるし、10万人を超える観客が入った本日の東京競馬場も、ツイッターのタイムラインを眺める限り楽しそうではあった。

 
(つづく)


そんな競馬ではあるが、天皇賞秋の結末は壮絶だった。

1着 02アーモンドアイ △筆頭
2着 09ダノンプレミアム 〇
3着 05アエロリット 無印
5着 14ワグネリアン ▲
6着 10サートゥルナーリア ◎
7着 04スワーヴリチャード △
12着 07スティッフェリオ ★

馬券は、〇二着付けの三連単、
頭を獲る馬は3頭(◎、△筆頭、△)
ここまではよかった。
3着に穴馬(▲、★)
だが3着に来たのは無印牝馬アエロリット。
強い、と、残るかも、とコメントをしていたにも関わらず。

競馬、馬券は絞ればこんなもん。
いつかハマるのを待つしかない。
潤沢な資金をぶち込む競馬でなければ、
弱者の馬券はそうなる。

今年は有馬記念まで辛抱強く耐えて過ごす。
有馬記念で何が変わるわけでもないけれど、
すこしはしゃぎ過ぎた2018-2019シーズンをクールダウンするために過ごす。

競馬はいつも素晴らしい。
ライブは楽しい、現地は最高、競馬場は最高の場所である。
その思いは今でも変わらない。



-2019 回顧

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

2019 朝日杯フューチュリティステークス 回顧

2019 朝日杯フューチュリティステークス 回顧 ◎02 ビアンフェ 7着 〇06 サリオス  1着 ▲14 タガノビューティー 4着 △筆頭 08タイセイビジョン 2着 △16 ラウダシオン 8着 …

2019 秋華賞 回顧

2019 秋華賞 回顧 ◎ 08 カレンブーケドール  :2着 ○ 10 シェーングランツ :11着 ▲ 03 ブランノワール :7着 △ 07 ビーチサンバ :5着 △ 01 ダノンファンタジー : …

2019 エリザベス女王杯 回顧

2019 エリザベス女王杯 回顧 ◎02 ラッキーライラック 1着 無06 クロコスミア    2着 〇11 ラヴズオンリーユー 3着 〇08 クロノジェネシス ▲17 サラキア ★10 フロンテアク …

2019 マイルチャンピオンシップ 回顧

2019 マイルチャンピオンシップ 回顧 ◎14ダノンプレミアム 2着 〇10アルアイン 16着 ▲05インディチャンプ 1着 ★07ペルシアンナイト 3着 △01ダノンキングリー 5着 ▲→◎→★  …

2019 阪神ジュブナイルフィリーズ 回顧

2019 阪神ジュブナイルフィリーズ 回顧 ◎リアアメリア 6着 ▲クラヴァシュドール 3着 △ロータスランド 12着 △ウーマンズハート 4着 〇クリスティ 8着 △レシステンシア 1着 △マルター …

アーカイブ